実際に夢を見たら

ポメラニアン犬や猫など、動物が登場する夢。そんな夢を見て「どういう意味なんだろう」と気になったときには、ぜひ夢占いで診断をしてみてください。
単に「犬がじゃれてきて楽しかった」「猫が可愛かった」という印象しか残らないような夢でも、内容によっては実は大きな意味を持っていたりすることがあります。また、同じ犬でも「飼い犬」と「見知らぬ犬」では診断結果が大きく変わってくることもあるでしょう。
夢占いでは「親しい人」を表す犬。夢の中で登場する場合、その行動によって、あなたと親しい人との関係を暗示していることがあります。気軽に診断してみたら、実は親しい人に対してあなたが心の奥底で思っている気持ちが明らかになる……ということも考えられます。
それによってより人間関係を豊かにするためのきっかけをつかむことができるかもしれないのです。

動物と過ごすシチュエーションが重要な要素

さて、夢占いをするときに大切なのは、登場する動物や、動物と過ごすシチュエーションです。それぞれ重要な要素なので、しっかり覚えておくように心がけることが大事です。
たとえば犬の場合は、上にも書いたように「飼い犬」と「見知らぬ犬」では診断結果が変わるので、その点をよく覚えておきましょう。

犬のサイズが特別な意味を持つことも

また、犬は犬でも子犬や小型犬のようなタイプが登場したときにも、特別な意味を持つことがあります。
飼い犬かそうでないかということだけでなく、犬の見た目などにも気を配っておくと、より正確な夢占いをすることができるでしょう。

さらに、「犬と一緒に遊んだ」「犬と散歩をした」など、夢の中で犬と過ごすシチュエーションもさまざまです。
「見知らぬ犬に追いかけられる」などという夢を見てしまうこともあるでしょう。その場合には、「追いかけられる」というシチュエーションが夢を解き明かすために重要な要素となります。
このように、「動物の夢占い」では、出てくる動物の種類や夢の内容が大切です。
このサイトでは、実際にいくつかの例を紹介していますので、参考にしてみてください。

実際に犬の夢を見た人の話

二匹の犬

【こんな夢を見ました】 地元の祭りに行った夢を見ました。ところが、友達みんなに仲間外れにされ、一人さびしく帰る…

続きを読む »

実際に猫の夢を見た人の話

ネコを触る

【こんな夢を見ました】 猫が出てくる夢を見ました。場所は定かではありません。 最初は何の姿も見えませんでしたが…

続きを読む »