猫の夢とは

ひょっこり出てきた猫猫は、現実からはかけ離れた存在を表す動物。ですから、夢に猫が登場したときには神秘的な意味合いや人生への深いメッセージが込められたものになることが多いのです。
そして、現実にいる動物としての猫が持つ気性(気まま、自由、束縛を嫌う、群れない、ワガママ、身勝手など)が、夢占いの解釈のキーワードになることもあるようです。
男性が猫の夢を見たときには、「猫=女性」という夢占いがなされるのがメジャーです。「猫とたわむれて楽しかった」という夢は、現在いい恋をしていることを意味していると考えてよさそうです。
一方、女性が猫の夢を見るときには、嫉妬や独占欲、恋愛でのトラブルなどが暗示されているとする夢占いが主流のようです。

黒猫の夢は不吉と言われるが

ところで、昔から猫の中でも特に「黒猫」は、「前を横切られると縁起が悪い動物」を意味するものという俗説があります。このことから、夢に黒猫が登場した場合に何か良くないことが起こる前触れではないか、と考えてしまうこともあるでしょう。
しかし、夢診断では、黒猫は民間伝承とは逆に「幸福の象徴」という意味を持っています。
とりわけ見た目が美しい黒猫(ほっそりしていて毛並みがキレイ、目が美しく輝いている、など)は夢を見た人の運気がいいことを意味していると考えられます。